Top Page › 映画 › DOA/デッド・オア・アライブ

DOA/デッド・オア・アライブ

2013-05-11 (Sat) 21:26

※これは以前、mixiにてアップした日記です。


テクモの格闘ゲーム、デッドオアアライブ。
女性キャラの過剰なまでの巨乳具合と、その揺れっぷりは、

発表当時からすごい反響でした。
しかもコンシューマーでは、キャラにコスプレまでさせるというw
格ゲーというスタイルはとっているけども、もはや立派なギャルゲー…






■DOA/デッド・オア・アライブ  ★★★☆☆(バカ度:★★★★★)

製作:ポール・W・S・アンダーソン他
監督:コーリー・ユン
脚本:J・F・ロートン


デッドオアアライブ(以下、DOA)が実写映画化!
うひょーーーーーーーーーーーーーwww ktkrヽ(゚∀゚)ノ
うん、製作がポール・アンダーソンだから

バカ映画になるのは間違いないですがw


※以下、完全にネタバレ。未見の人は注意!





映画冒頭、絶壁の山の上に建つ寺院…忍者の里。
字幕では 『石狩山脈 日本』 って出る。
そしてそこに住んでいる忍者は、ハーフと中国人ばっかw

ここ本当に日本ですか?w

そして、カスミたんキターーーーーーーーヽ(゚∀゚)ノ
カスミたんは忍者の王女だそうな。
…………忍者の王女ってなんやねん???

カスミたん、CVは丹下桜を希望!
(だが、その願いは無残にも打ち砕かれる)

つーか、カスミたん……三つ編じゃないし………エーン。・゚・(ノД`)・゚・。
演じるのはデヴォン青木
髪はストレートのほうが外国ウケするんだろうなー。
しかもかなりツンデレキャラにされてる…。

カスミに仕える忍者ハヤブサを演じるのは、ケイン・コスギ
ニンジャブラック、キターーーーーーーーーーーーー!!ヽ(゚∀゚)ノ
(ウルトラマンパワードでも可w)

さらに、あやねたんキターーーーーーーーーーーー!!ヽ(゚∀゚)ノ
演じるのは、ナターシャ・マルテ。ノルウェー人。

………純正日本人は、いないんですか???



カスミは兄を探すため、里を出て 『抜け忍』 になる決意をする。
だがそれは、里の掟を破ることになるのだった。
掟を破る、それすなわち、死!

カスミが寺院を飛び出ると、そこは絶壁!
空中に躍り出たカスミの着物の下から、ハンググライダーが飛び出す!w
その時、どこからともなくDOA格闘大会の招待状が飛んできた!
え゛? だってここ、空のド真ん中だよ???
いったいどこから? 。(゜д゜≡゜д゜)。



東シナ海でクルージングを楽しんでいる女レスラー。
ティナきたーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ヽ(゚∀゚)ノ
海賊に襲撃されるも、あっさり撃退。
その時、どこからともなくDOAの招待状が飛んでくる!
え゛? だってここ、海のド真ん中だよ???
いったいどこから? 。(゜д゜≡゜д゜)。



香港。
女盗賊クリスティは警察から逃げるため、下着姿でバイクに跨り疾走していた!w
その時、どこからともなくDOAの招待状が飛んでくる!
え゛? だってここ(以下略)
。(゜д゜≡゜д゜)。





こうして世界中から格闘家たちが集められた!
場所は日本の孤島だそうだけど、どう見ても中国w
日本人なんて一人もいないし、いるのは中国人ばっか。
みんな中国語しゃべってる。
服装も中国。建物も中国。なにもかも中国。

そんなに日本が嫌いかね、アンダーソンくん?w



そういや、カスミは行方不明の兄を探しにきたのに、
なんでDOAに参加しているのかなー?とか思ったり。
実は兄ハヤトは、このDOAに参加して行方不明になったのだ。
ほほう、なるほど。
でもそれって、物語の最初に説明しておくもんじゃない?
なんか、すごいこじつけみたいな気がするんですが~w



試合は、この島のいたるところで行われる。
どこが試合場になるかわからないし、いつ試合が始まるのかもわからない。
そして、試合以外の時間は、何をしていてもいい。

島は完全なリゾート。
酒を飲んでもいいし、プールで泳いでもいいし、 ビーチバレーをやってもいいw
エクストリームのつもりかね、アンダーソンくん?w
しかも全員ビキニとは、なかなかやるねっ!
(*´д`*)b+



試合がどこで、いつ始まるかわからないってことは、

当然屋内で戦うことだってあるわけですが。
まぁ、アレですよ。
セックス後の余韻に浸っているバカップルの部屋へ

試合の場を移すパターンもあるわけですよwww

はっはっはっ、さすがアンダーソンくん。相変わらずのバカっぷりだ。
だが、まだまだ甘いね。(ちっちっちっ)
どうせなら、セックス真っ最中の時に試合乱入されるくらいでないとっ!



そういえば抜け忍となったカスミの命を狙って、

義妹であるあやねがこの島に来ているんでした!
なんつーか、あやね………けっこう顔が濃ゆくて、カイヤにしか見えませんが。

まぁ、それはおいとくとして、
竹林でのカスミvsあやねは、こりゃブルーディスティニーのパクリですかな?

全体的に、格闘シーンは何かの映画のパクリっぽく感じるんですよね。
一番いただけないところは、痛みがぜんぜん伝わって来ないところ。
あれだけ激しい殴り合いをしているのに、

誰もケガをしていないとか、ありえないじゃん。

これは格闘としての映画ではなく、

女性ファイターたちを美しく魅せるための映画……という

アンダーソンくんなりの意図と考えることもできます。
リアルな戦いよりも、イメージのほうを優先させているってことですね。
でもなー、バカ映画にそんな配慮をされてもなーw



ベスト4に勝ち残ったのは、
カスミ、ティナ、クリスティ、そしてハヤブサ。

この4人はラスボスに拉致られ、格闘家としてのデータを採取される。
そのデータを個人にダウンロードすることにより、

データ元となった格闘家たちを超える強さを習得することができるのだ!

ついに暴かれた驚愕の真実!
この大会の裏では、こんな恐ろしい陰謀が蠢いていた!
大ピンチ、カスミたんたち!
うん、でもそれって別に、たいした悪事じゃないよね?


ちなみにその格闘データは、特殊なメガネをかけることで脳内に送られます。
つまりそれって…

 弱 点 は 、 メ ガ ネ だ よ ね ?


ラスボスは自らの強さを証明するために、

拉致していたハヤテ(カスミの兄)と戦う。
(●・´艸`・)ブッ、;'.・
ハヤテ兄さん、丸坊主なんですがっっっ!
ゲームの雰囲気に、これっぽっちも似せようとしない心意気には天晴w

そしてハヤテはズタボロに負ける。
だからさー、なんでメガネを狙わないわけ???



その頃、エレナたん(ゲーム中のキャラとは似ても似つかない)たちが、

格闘データが世界中に送信されるのを防ぐべく奮闘していた。
いち早くそれに気付いたラスボスが、エレナたんに戦いを挑む。
ちなみにエレナたんの格闘データは採取していないので、

ラスボスはエレナたんの動きが読めません。

データ採取した格闘家以外の相手に対しては、

何の効力も持たないハイテク技術・・・。
それってさぁ、実戦で役に立つの?


エレナたんたちは、ラスボスの悪事をCIAに通報!
いや、ここ中国(?)だし………CIAは来ないと思うけど………

仕方ないのでラスボス、基地の自爆装置を作動させちゃった!
ななな、なんて古典的な! 20年前のマンガですかっ!w

部下のバイマンに、金庫から財産を運び出すよう命令するラスボス。
金庫の中には1億ドルの 現金 が……………



 …現金。



 現金で1億ドルですか…。



 アンダーソンくん、バカもここまでくると、さすがに尊敬に値するよ。







まぁそんなわけで、最高のバカ映画でした。
オチもステキすぎw

(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ




Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント