Top Page › コント › ドーナツ大戦

ドーナツ大戦

2012-11-12 (Mon) 22:54



某日。

これはまだ、兄者がミスドのポイントを貯め始めて間もない頃のお話。






(゜д゜ ) 「弟者よ、そろそろメシにせぬか?」

(*・ω・) 「承知いたした兄者。
      して、今回は何を食べるでござる?」


(゜д゜ ) 「うむ、一つ提案があるのだが…」

(*・ω・) 「うむ」

(゜д゜ ) 「ミスドというのはいかがでござろうか」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「…却下でござる兄者」

(゜д゜ ) 「なにゆえ?」

(*・ω・) 「拙者、パンなど見たくもないでござる」

(゜д゜ ) 「は?
      …………いや、ドーナツはパンではないでござるぞ?」

(*・ω・) 「小麦粉を使っていれば、同じことでござる」

(゜д゜ ) 「いやいやいや! ぜんぜん違うでござるぞ」

(*・ω・) 「とにかくパンは却下でござる!」

(゜д゜ ) 「ドーナツだというに。
      ミスドなら拙者が馳走するでござるぞ?」

(*・ω・) 「たとえ兄者の馳走でも食わんでござる」

(゜д゜ ) 「兄に向かって何という傍若無人ッ。
      ならばいったい何が食べたいのだ弟者よ!?」

(*・ω・) 「カレー」





というわけで、その日はカレー。





一週間後………。





(゜д゜ ) 「弟者よ、たまにはミスドにせぬか?」

(*・ω・) 「却下でござる、兄者」

(゜д゜ ) 「そんなこと言わずに…」

(*・ω・) 「パンなぞ、見たくもないでござる」

(゜д゜ ) 「ドーナツはパンではござらんというに。
      拙者がおごるゆえ、食べに行くでござる」

(*・ω・) 「いらんでござる」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「ミスド…」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「兄者こそ、なぜそんなにミスドにこだわるでござるか?」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「ミスドのポンデライオン、かわいいでござるな」

(*・ω・) 「うむ、あれはいいものだ」

(゜д゜ ) 「拙者がドーナツをたらふくおごってだな、」

(*・ω・) 「うむ」

(゜д゜ ) 「そして、ポイントは戴く!」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「カレーが食べたいでござる、兄者」

(゜д゜ ) 「…」





さらに一週間後…

この日は弟者の学友である、旭氏が同行していた。
旭氏(あさひうじ)は、ギターをたしなむ日本の侍である。





(*・ω・) 「兄者、カレーを食べに行くでござる」

(゜д゜ ) 「いや、先週も先々週もカレーでござったぞ弟者」

(*旭▽氏) 「カレーばっかりなんですか?」

(゜д゜ ) 「旭氏は何が食べたいでござるか?」

(*旭▽氏) 「そうですな…、それがしは別になんでもいいのでありますが」

(゜д゜ ) 「では拙者がおごるので、ドーナツというのはいかがでござろうか?」

(*旭▽氏) 「おお、兄上殿。かたじけない。
      それがしもドーナツ大賛成であります」


(*・ω・) 「……………。
      拙者、ドーナツは却下でござる」


(゜д゜ ) 「(聞いてない)
      では多数決で、今回はドーナツに大決定でござる」

(*旭▽氏) 「ぱちぱちぱち」

(*・ω・) 「ナヌーーーーーーーーーーー!?」

(゜д゜ ) 「拙者がご馳走するゆえ、じゃんじゃん食べるでござるよ」

(*旭▽氏) 「兄上殿、太っ腹!」

(*・ω・) 「ちょっと待てーーーーーーーーーーーーーーーーーいい!!」





そして一同、ミスドへ。






(゜д゜ ) 「いかがでござるか弟者?」

(*・ω・) 「ンマーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

(゜д゜ ) 「ふふふ…」

(*・ω・) 「ふわふわもちもちでござるな!」

(゜д゜ ) 「そうであろう。パンとはぜんぜ違うでござろう?」

(*・ω・) 「うむ、兄者」

(*旭▽氏) 「美味美味」





さらにさらに一週間後。
再び3人で、ミスドへ。






(゜д゜ ) 「とゆーわけで、今回も拙者のおごりでござる。
      じゃんじゃん食べてくれ」

(*・ω・) 「かたじけない兄者」

(*旭▽氏) 「馳走になるであります、兄上殿」




で、



トレイに山盛りになったドーナツw
店員さんもびっくりwww




(゜д゜ ) 「ほほぅ、これはすごい…」

(*・ω・) 「…」 (←調子に乗って盛りすぎたとは微塵も思っていない

(*旭▽氏) 「…」 (←どうせニンジャ兄弟が食べるからと、心配してない

(゜д゜ ) 「では諸君、一人7個のノルマでござる」

(*旭▽氏) 「ぶw
       いや、そんなに食べれんでありますよ兄上殿!!」


(*・ω・) 「(ジュルリ…)」



結果、
20個ほどあったドーナツの半分くらいは弟者が食したのであった。



(゜д゜ ) 「いやー、大満足でござる」

(*旭▽氏) 「実に美味でありました。
      たまにはドーナツもいいものですなー♪」


(゜д゜ ) 「なんだかんだで弟者が一番たくさん食べたでござるがwww」

(*旭▽氏) 「弟者も、すっかりドーナツの虜でありますな!」

(゜д゜ ) 「わははははははははwww」

(*旭▽氏) 「あははははははははwww」

(゜д゜ ) 「わははははははははははwww」

(*旭▽氏) 「あははははははははははwww」

(゜д゜ ) 「わははははははーーーーーーwww」

(*旭▽氏) 「あははははははーーーーーーwww」

(*・ω・) 「……………………………………………………」

(゜д゜ ) 「w」

(*旭▽氏) 「w」

(*・ω・) 「兄者よ」

(゜д゜ ) 「ん?
      いかがいたした弟者?」

(*・ω・) 「拙者、まだ食い足りないでござる」

(゜д゜ ) 「…」

(*旭▽氏) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*旭▽氏) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*旭▽氏) 「…」

(゜д゜ ) 「…」

(*旭▽氏) 「…」






その後もコンスタントにミスドへと行く機会があり、
兄者は弟者の食いっぷりのおかげもあって、
見事にポンデライオンをゲットしたのである。
(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ



※これがそのポンデライオン人形です。1000ポイントで貰えます。
  ドーナツ100円分で3ポイント。じゃあ1000ポイントはいくらかかるでしょう?
まるまるこるくん★隠密ブログ

まるまるこるくん★隠密ブログ

まるまるこるくん★隠密ブログ
見よ、このドヤ顔!w






Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント
(。ρ。)
最初からミスドのカレーパンを食べさせておけば
よかったかもやね(。ρ。)。
2012-11-16-19:36 るーしぃめい
[ 返信 * 編集 ]
Re:(。ρ。)
>るーしぃめいさん
むぅ、まさにそのとおり!
ええ、もちろん今ではしこたまカレーパン食わせておりますフフフー。
そういやココイチのカレーパンも絶品なんだじぇ。
2012-11-17-17:47 こるく丸
[ 返信 * 編集 ]