Top Page › 特撮 › フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX

フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX

2013-05-20 (Mon) 19:49


※これは映画公開当時、mixiにてアップした日記です。






■仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX

  ★★★★☆
 
監督・アクション監督:坂本浩一
脚本:中島かずき、小林靖子
 
今年もやってきました、MOVIE大戦!
今作でシリーズ3作目です。
タイトルには『フォーゼ&オーズ』とありますが、
ダブルも登場するし、昭和7人ライダーも参戦しますよ!
 
私、今回のこの映画、実はスルーするつもりでした。
オーズは途中で視聴をやめてしまったし、
フォーゼに至っては全く観ていないんですから。 


しかしダブルが出てくるとなれば、話は別。
しかも栄光の7人ライダーまで出るとなれば、

これはもう観に行くしかないでしょうw
 

 

 
いやー、面白かった!
 
オーズは、この映画で初めて心の底から『面白い!』と感じました。
テレビのほうは……どうも私の好みとは大きく違っていたもんで………。
 
フォーゼはこの映画が私にとって初見でした。
あのふざけたデザインを除けば、登場人物たちの元気の良さや、
変身後のエフェクトと演出がなかなか良い意味で意表を突いていて、
さすが坂本監督だと唸らされましたよ。
 
ダブル7人ライダーはチョイ役かと思っていたら、

ガンガン物語に絡んできて非常に重要な役どころとなっていたり。
これまでの平成ライダー映画ってキャラクターを使い捨てにすることが

多かったのですが、今回のような手法はまさに理想の一つですね!
 
なによりも、アクションが満載!
ダラダラと間延びするドラマを省き、

アクションを畳み掛けるように魅せてきます。
これは子供たちに大ウケでしょう。まばたきする時間さえ惜しい。 

  

ワイヤーアクションとCG、そして殺陣を駆使したアクション、

これは一見の価値ありです。
現代の技術で再現した昭和ライダーの必殺技は、

平成の世でも違和感なくカッコ良かった!
 
現在は俳優に怪我をさせてはいけないという理由から、
変身前はアクションが少ないことが多かったんですが、
今回は変身前から容赦ないアクションが展開されます。これはすごい!
 
それと個人的に、ダブルフォーゼの掛け合いが楽しかったw
「弦太朗と翔太郎」
フィリップが茶々入れたりねw
そうなんだよ、「~タロウ」って名前がやたら多いことを
視聴者みんながツッコミたかったんだよw
フィリップ、よくぞ言ってくれた!
 
 
 
なんというか、映画全編を通して仮面ライダーへの愛に溢れていると感じました。
人々を守るために悪と戦う姿や、ライダーたちがそれぞれ力を合わせて戦う姿…。
監督の「これこそが仮面ライダーだろう!」という想いが、
映像からひしひしと伝わってくるんです。
 
今後も是非、坂本監督に仮面ライダーの映画を担当してもらいたい!
もうね、この人になら任せてもいいと、こるくん本気で思ってます。
次回作にも期待!!

 
 
 
しかしフォーゼのデザインって初見からカッコ悪いなーと思ってたけど、
さらに40年経っても、ライダーのカッコ悪いデザインセンスは直らないんだなw

(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ




Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント