Top Page › 映画 › ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク

2013-05-21 (Tue) 17:15

 

 

※これは映画公開当時、mixiにてアップした日記です。

 

 

 

 

 

■ソーシャル・ネットワーク  ★★★☆☆
 
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アーロン・ソーキン
原作:ベン・メズリック
 
これはFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグと愉快な仲間たち

描いた映画です。
 
Facebookがどのようにして誕生し、

そしてどのようにして全世界に広まっていったのか。
その過程が実に欲望渦巻くドロドロしたドラマとなっておりました。
 
なんつーか、私がこの映画を観て感じたのは、
馬鹿と天才は紙一重だなー…っつーことかな。
 
主人公であるザッカーバーグは、

Facebookを大きくするためにあらゆる手段を高じます。
が、そのために元カノを罵倒し、仲間を裏切り、親友を裏切り…。
しかもそれらを行ってなお、自分の何が間違っているのかに気づいていない。
自分の行動こそ正しいと信じて疑わない確信犯なんです。
 
訴えられた後もまったく他人の話を聞かず、自分の主張を繰り返すばかり。
うん、これなんて変人?
 
この異常じみたドラマがこの映画のキモで、主人公の変人的行動と、
どんどん拡大していくFacebookの成長っぷりが観ていて面白かったです。
ただ、私はこの主人公に最後まで感情移入できませんでした。
 
 
※以下、ネタバレ。
 

  
映画のラストシーンで、
主人公がノートPCを開き、物思いにふけるシーンがあります。
このときいったい彼は何を考えていたのか、いろいろと考えさせられました。
そのときPCの画面に映っていたのはFacebookの元カノのページ。
 
彼は億万長者になりはしたものの、

その代償として全ての友達を失ってしまいました。
果たして彼にとっての幸せとはなんなのでしょう。
  
(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ

 

 

 

 

※2013年追記。

 

私もフェイスブックを始めてみましたー。ヽ(゚∀゚)ノ
mixiでもマイフレいっぱい作ったけど、FBでもいっぱい作ってるよーん。
最初は実名登録ってところに抵抗感あって、

なかなか登録まで踏み出せなかったんですけど、
いざ始めてみたらスゲェ楽しいw

 

こんな面白いモン作ってくれてありがとう、ザッカーバーグと愉快な仲間たち! 

 

 


Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント