Top Page › 特撮 › ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

2013-07-19 (Fri) 20:03


※これは映画公開当時、mixiにてアップした日記です。






■ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟  ★★★★★

 
(2006年公開)

監督:小中和哉
脚本:長谷川圭一
出演:五十嵐隼士、黒部 進、森次晃嗣、団 時朗、高峰圭二 他

 
 
初日に行って参りました!
3連休初日というのも拍車をかけてか、すごい人でしたよ!
なんたって、33年ぶりに

素顔のウルトラ兄弟が勢揃いするって言うんだから!
 
めっちゃ面白かったあーーーーーーーーーーー!!
さすが小中&長谷川コンビ、わかってるゥーー!ヽ(´▽`)ノ
 

ネクサスでの失敗

ちゃんと教訓として活かしているシーンもありましたヨ。
彼らは敗北の中からそれを学んだんだ!

館内は満席ではなかったものの、すごい混みようでした。
やっぱり親子で来ているのがほとんどでしたねー。
大きいお兄さんたちが集団で何組か来ていたカナ?

物語冒頭、いきなり月面での大怪獣(超獣)とウルトラ兄弟との大決戦!
もう最初から観客をスクリーンに釘付けです。
そして命がけで怪獣を倒すウルトラ兄弟。
もぅこの時点で私は涙腺ユルユルでした!(早っ



全体的に、お祭り映画としては最高の出来でしたネ!
よくウルトラシリーズを研究して作っているなあという、

スタッフの意気込みも感じられましたし。
なんかねー、マニア心をくすぐる演出も随所に見られるんですよー。
ヘ(゜∀゜ヘ) アヒャヒャヒャヒャ

素顔のウルトラ兄弟は、やはり40年の歳月を経たこともあって、

すっかりお爺さんになってました。
でも当時テレビで観ていた、あの懐かしい笑顔と眼差しは、

あのときのままでした。
 

おかえり、ウルトラ兄弟! (*・ω・*)ゞ

劇中のCGは、PS2のゲームのモーションを流用しているそうです。
昭和の当時では技術的な問題から成し得なかったハイスピード空中戦が、

ここに実現。
ウルトラマンネクサスでもCGによる空中戦はあったんだけども、

今作はスピードでも数でも凌駕してるよ!



ウルトラマンメビウスのテレビシリーズでは

ウルトラマンへの人間側からの想いをいろいろと見せてくれてますが、
劇場版ではウルトラ兄弟側からの想いを見せてくれてました。
ウルトラマンは圧倒的な力を持つヒーローだけど、決して神ではない
ウルトラマンにだって救えない命や、届かない想いがあるんです。

この映画は子供向けのお祭り映画ではあるんですが、

その根底にあるテーマは大人たちにもちゃんと届くメッセージになっています。
だからこそ、ウルトラマンは愛されているんだと、私は思います。


 未来を信じる心の強さが、不可能を可能にする。
 信じる力が勇気になるんだ!



子供たち、みんな真剣に観てました。
たまにウルトラマンや怪獣の名前を、

お父さんと教えあう子供たちの声が聞こえてくるのが微笑ましかったですネ。
最後のエンドロールは、ウルトラシリーズの集大成とも言える、

40周年にふさわしい数分間でした。

ありがとう、ウルトラ兄弟。そしてメビウス。
ボクらはキミたちを未来へ語り継ぐよ!




そして同日、映画館のある建物の地下では、

恒例のウルトラマンショーが繰り広げられていた!
 

たくさんの子供たちの前に、ウルトラセブンが登場。
司会のお姉さんが元気良く、

「さぁ、ウルトラマンセブンがやってきてくれましたよー!」



ウルトラ“マン”セブンじゃ

ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!



Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント