Top Page › 映画 › タイタンの戦い

タイタンの戦い

2013-09-26 (Thu) 21:22



※これは映画公開当時、mixiにてアップした日記です。






■タイタンの戦い  ★★★☆☆

(2010年公開)
監督:ルイ・レテリエ
脚本:トラヴィス・ビーチャム、フィル・ヘイ、マット・マンフレディ

今話題のデジタル3Dというものを体験してまいりました。
これだけで通常上映よりも300円高いんだじぇ。

いや、正直に言うとですね…。
他に時間的に合いそうな映画がなくて、仕方なく3Dにしたんですよ。
そうでなきゃ、昼間からさらに300円も高い映画なんて観るもんか!

1981年公開の同名映画のリメイクということなんですが、

私はそっちのほうは未見です。


映画のほうは前評判で聞いていたとおり、
ストーリーはどうでもよく、アクションやアドベンチャーを楽しむ内容でした。
うん、確かにそれだけを切り取れば面白かったです。

ただ、アバターを観た後だとどうしても映像に凄みを感じなくなってしまいます。
これくらいの映像なら、ロード・オブ・ザ・リングでも作れてたしなぁ…と、
そんなふうに思っちゃいました。



物語は、ギリシア神話のペルセウスの物語を繋ぎ合わせたものでした。
私もペルセウス伝説は読んだことがあるので、

物語も多少は脳内補完できました。
映画のほうはかなり物語をアレンジして、

一つの壮大な神話物語に組み立てていますね。

豆知識として、少し解説。

ギリシア神話は諸説あるものの、

一般的に知られているペルセウス伝説では、
ペガサスはメドゥーサの血(血飛沫)から産まれたことになっています。
また、三人の魔女(グライアイ)は、

実はメドゥーサたちゴルゴンの妹なんですよね。

ペガサスにまたがったペルセウスが、その帰る途中で

生贄にされかけているアンドロメダを発見。
襲い掛かる海獣を倒して、その後アンドロメダと結婚します。

ペルセウスは死後、アテナによって星座となったとされています。
ペルセウス座はアンドロメダ座と夫婦仲良く並んでいます。
ペルセウス座流星群も有名ですね。



映画を観ていて、
「あるぇ~? 神話の内容、かなりアレンジされちゃってるなー」
とか思ったものでしたが、まぁ、これはこれで良し!
映画としてこのアレンジは、けっして間違いではない!
こるく的にはアクションファンタジー映画として楽しませていただきました。




そういえばエンドロールが始まった途端、隣の席の中学生らしき2人
ペチャクチャとおしゃべりを始めてしまいまして。
さすがに気に障ってしまったんで、「まだ映画は終わっていない」
注意いたしました。

その2人、「すみません」と謝って、その後は静かでした。
しかも上映終了後に改めて謝られましたよ。根は素直だね。

マナーを守らない人ってのは、そりゃいますよ。
でもそんなときこそ、勇気を持って注意すべきじゃないかと思います。
映画はみんなで楽しむものですからね。

(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ
 

 

Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント