Top Page › コント › 漢(おとこ)たちの挽歌 1

漢(おとこ)たちの挽歌 1

2012-11-29 (Thu) 13:06



- 登場人物紹介 -


(こдる )
・こるく丸:
 ニンジャ兄弟の兄。海風に揺れる一輪の花の人をこよなく愛する。
 この世の不幸には涙し、理不尽には憤る、慈愛と怒りの漢(おとこ)。



(*もωず)
・もずく丸:
 ニンジャ兄弟の弟。大地に咲く一輪の花の人をこよなく愛する。
 弱き者には手を差し伸べ、悪しき者には拳を向ける、熱き炎の漢(おとこ)。



(旭∀氏 )
・旭 波来(あさひ なみくる):
 ギターをたしなむ日本のサムライであり、もずく丸の親友。
 このHNで度々ニコ動に投稿している、度胸と根性の漢(おとこ)。





-------------------------------------------------------------------




これは某日の、看護学校での出来事である。
その日、兄者はクラスメートの若い女性2人からこんな頼みごとをされた。
※以降、女性Aを春菜、女性Bを春香と呼称(仮名)。




(*春o菜) 「こるくさーん。お願いがあるんですけど~」

(こдる ) 「はい? なんでしょう?」

(*春p香) 「誰か素敵な男性を紹介してもらえませんか?」

(こдる ) 「は?」



一瞬、「なんでオレにそんなことを頼むんだ?」と思った兄者だったが、
理由を聞いてなんとなく納得。学内の男性で一番まともそうだとのこと。
なんだよ、まともって…。



(こдる ) 「いや、しかし紹介するも何も、拙者の友人はみんな結婚してるしなあ。
      それにだいぶ歳も離れてるだろうし…」

(*春p香) 「えー…、そうですかぁ…」

(*春o菜) 「残念です~」



「ごめんよー」と一言謝る兄者。
だが少し考えて、心当たりがないわけでもないことを思い出した。




(こдる ) 「………えーと、2人とも○○歳だったっけ?」

(*春p香) 「はい、そうですよ」

(こдる ) 「ということは………………
      弟者たちと同い年だな」






つづくー。

Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント