Top Page › ブログ › こるくんと相対性理論

こるくんと相対性理論

2014-03-01 (Sat) 21:16



今からもうかれこれ5年くらい前の話になるんですが、

実は私はそれまで相対性理論というのがどういうものなのか

詳しくは知りませんでした。


よくSFなんかに出てくる【ウラシマ効果】ってやつ。
光速で移動すると時間の進み方がゆっくりになるってやつ。
うん、なんで時間の進み方が遅くなるの?

なんつーか、

相対性理論って……アインシュタインが考えた

難しい計算式による難しい理論なんでしょ?
……と、そんなふうに思っていたんですよね。





と こ ろ が 、

と学会会長の山本弘氏によると、相対性理論は
実は中学生でも理解できるとのこと。

え゛、そうなの?Σ(゜д゜)

そんなこんなで相対性理論の本を買ってきて、実際に私も読んでみましたよ!







えっと、たぶん理解できたと思いますが…。

・光の進む速度は一定であり、この世界における最高の速度である。
・時間の進み方は一定ではなく、相対的なものである。


で、もし移動している乗り物の中から光を発射したら、

 光の速度+乗り物の速度

…で、ただの光の速度よりも速くなるんじゃない?
と思いがちなんだけど、やはり光の速度は変わらない。

その代わり、時間のほうが遅くなる。
だから光の速度は常に一定である。

と、ここまでが【特殊相対性理論】と呼ばれるもので、
さらに加速度やら何やらを加えたものが、【一般相対性理論】

…簡単に説明すると、こんな感じ?


ついでに量子論も読みました。
有名な【シュレディンガーの猫】って量子論なんだと思っていたんだけど、
実はあれって量子論を否定するための理論だったんですね。
勉強になったなー。



それ以来、相対性理論量子論を扱うSF物などが

より楽しく観れるようになりました。

自分の興味のあることを勉強するって、苦にならないばかりか

すっごい楽しいんですよねー。


(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ



Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント