Top Page › コント › ご祝儀とニンジャ兄弟

ご祝儀とニンジャ兄弟

2012-12-19 (Wed) 18:09


某日。





(*・ω・)「兄者、少々尋ねたいことがあるでござるが…」

(゜д゜ ) 「どうした弟者?」

(*・ω・) 「実はこのたび、拙者の学友が結婚することになったでござる」

(゜д゜) 「おお、それはめでたいな」

(*・ω・)「なかなかかわいいヨメさんを紹介されたでござるよ」

(゜д゜ ) 「ほほぅ」

(*・ω・) 「まぁ、ツインテでニーソではなかったでござるが…」

(゜д゜ )「重要なとこ、そこ?」





(*・ω・)「うん、で、」

(゜д゜ ) 「うむ」

(*・ω・)「結婚式の招待状をもらったでござるが…」

(゜д゜ ) 「ほぅ」

(*・ω・) 「えーと…」

(゜д゜ ) 「うむ」

(*・ω・) 「ご祝儀って…」

(゜д゜ ) 「…」

(*・ω・) 「いくら入れればいいでござるか?」

(゜д゜ )「あー…、なるほどな」

(*・ω・) 「初めてのことゆえ、よくわからないでござる」

(゜д゜ ) 「よし、ならば教えてしんぜよう」

(*・ω・) 「かたじけない、兄者」



(゜д゜ )「基本的にご祝儀は、奇数。
      まぁ3万円入れておけば問題ないでござる」

(*・ω・) 「3万円?」

(゜д゜ )「うむ、2万円とか4万円の偶数は、割り切れる数字ということで、
      2人の仲を 割る に言葉がかかるから
      縁起が悪いとされているでござるよ」

(*・ω・) 「ほー」

(゜д゜ ) 「だから、普通は奇数で。
      1万円でもいいのだが、仲の良い学友なら3万円が妥当でござる」

(*・ω・) 「なるほどなるほど~」



(゜д゜ )「あとはピン札を用意して、祝儀袋に入れて、名前を書くでござるよ。
      それでバッチリでござる」

(*・ω・) 「ふむふむ…
      しかし兄者、一つ疑問があるでござるが…」


(゜д゜ ) 「なんだ弟者?」

(*・ω・)「1万も、3万も…」

(゜д゜ ) 「うむ」

(*・ω・) 「どっちも偶数でござるよ?」

(゜д゜ ) 「…………」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「……………」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「……………」

(*・ω・) 「…」

(゜д゜ ) 「……………」

(*・ω・) 「………………」

(゜д゜ )「………………」

(*・ω・) 「………………」





(゜д゜ ) 「わははははははははははははははははははw」

(*・ω・) 「わははははははははははははははははははw」





(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ

Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント