Top Page › 特撮 › ウルトラマングレート

ウルトラマングレート

2014-07-13 (Sun) 22:51



※これは2006年にmixiにてアップした日記です。
 当時、久々に視聴したウルトラマングレート及びパワードに
 めっさハマっておりました。






ウルトラマングレート
1990年よりビデオ発売。全13話。
オーストラリア製作。



原案:会川昇、宮沢秀則、小中千昭、遠藤昭範、鈴木智
監督:アンドリュー・プラウズ
シリーズ構成:テリー・ラーセン



ウルトラマン80終了から9年ぶりのウルトラで、
しかも海外製作ってこともあってか、
当時はすごいワクワクしながら観ていた記憶があります。
いやー、久々に観たグレートは面白かったー。


SF映画を良く観ていたから思うんですが、
グレートもSFとしてドラマの筋をきちんと通してるんですよね。
大人でも普通に観れる脚本を書いてくれてるところに、
プロとしての力量を感じました。
なにより登場人物たちの個性が各々突出しているところが素敵です。


日本語吹き替えも、今は亡き小林昭二さんとか、柳沢慎吾とか、
ラムちゃんとか、ゾロリとか、豪華キャスト!
というか京本政樹、またあんたか!w




1990年当時、まだCGではなくビデオ合成による映像でした。
サイバーコップで初めて見たビデオ合成には

失笑させられたもんでしたがw
いやいや、あれはあれで良いものだ!
グレートのビデオ合成、かなり頑張ってるよ~。


これまでのウルトラと違い、

グレートは動きがスローモゥになっています。
それにより、いかにもそこに巨大質量の物体が動いているんだという

説得力が映像から伝わってくるんです。


アクションにも空手のような動きを取り入れたり、
日本とは違った切り口なのも楽しいです。
それから、相手を倒すだけではない決着のつけ方もあったり、
優しさを感じる部分もあったりします。
そのあたり、しっかりとこれまでのウルトラを踏襲してるんですよ。

個人的に好きな怪獣は、コダラーとシラリーですねぇ。
こいつらよく見るとカワイイんだこれがvvv




ちなみにツッコミどころw
ゴーデス第2形態、頭からグレートが飛び出したくらいで
とても死ぬとは思えないんですがw
あんなんでいいの?



ゴーデス篇のあとのタイトルが
 『新ウルトラマングレート 必殺!怪獣大決戦』
…このタイトル付けた奴を火あぶりにしてやりたい。






未だDVD化されていないタイトルでもあるので、
20周年の折には製品化を切に願っています。


それからメビウスと
是非テレビで共演してほしいですね、グレート。
まぁ無理だとは思いますがー。
(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ




※2014年追記。
 2009年公開の映画 『ウルトラ銀河伝説』 で、
 グレートがスクリーンに帰ってきました(ちょこっとだけ)。
 いやー、あれは嬉しかったデス。


Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント