Top Page › プラモデル › 時が未来に進むと誰が決めたんだ

時が未来に進むと誰が決めたんだ

2015-06-30 (Tue) 22:05


過去の画像フォルダを整理していたら、こんなのを見つけました。


MG1/100 ∀ガンダム



うひょひょひょひょ、カッケー! ヽ(゚∀゚)ノ

MGの記念すべき100体目にあたるキットですお。


デザインを担当したのはもちろん、巨匠シド・ミード

このシャープでスタイリッシュなボディ、

そしてヒゲ!

んー、最高にイカス。


そういや以前のブログで、Vガンダムと一緒に並べた写真を

アップしたことがありましたな。




▲こちらは製作途中の一枚。



これまでのMGとは違い、メインフレームに相当するパーツが

この∀ガンダムには無いというのにも驚かされました。

胸パーツなんか、中身からっぽなんだぜ。

アニメみたいに牛とか核爆弾とか詰め込んじゃえー。


フレームが無くてもかなり細かい作業工程なのは変わらず。

うん、これこのまま放っといたら

ナノマシンが勝手に組み上げてくれてたりしないんかなw





▲ボディ完成の一歩手前の一枚。



私が初めて∀ガンダムのデザインを見たときは、

やっぱりナニコレ感がすごかったですよ。

富野は気でも狂ったのか?って本気で思いましたもん。


でもアニメが放送開始されると、

ミードデザインのガンダムが非常に機能美溢れるものであり、

この世界観に符合したデザインであると気付かされたんです。


今では大好きなMSの一つですね。


とくにヒゲには、

「こんなに自由な発想でもいいんだ!?」

と、デザインの素晴らしさに改めて気づかされました。

現在の私のデザイン観の根幹に、

この∀もその一つとして在るんです。




現在、この∀ガンダム

マイルームの棚の上から私を見守ってくれています。

いいねー、カッコイイね~ホワイトドール。


そして、ターンエーの風が吹く…



Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント