Top Page › 映画 › ボルケニオンと機巧のマギアナ

ボルケニオンと機巧のマギアナ

2016-07-18 (Mon) 22:26


せっかくの連休だというのに体調を崩して寝込んでいましたが、

やっと回復したので妻と一緒に映画館へ行ってきました。

前売り券を用意して、今年もポケモンでございます。



ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ

                               (★★★☆☆)


(2016年公開)

監督:湯山邦彦

脚本:冨岡淳広


まったく期待していませんでしたが、けっこう面白かったですよ。

ポケモンと人との絆がよく表現されていたと思います。

際立って面白かったわけではないですが、駄作だった前作と比べるのが申し訳ないくらいの出来でした。

今回登場の新ポケモン、ボルケニオンはカッコ良かったし、マギアナもすンごい可愛かったです。


▲マギアナたん

この子、変形して球体になります。

これなかなかよく出来たデザインですわー。

完全変形のプラモデルが発売されたら絶対買います!


脚本は前作から続いて、冨岡淳広氏。

この人、これまで何の脚本を書いてきたのかなーと検索してみたら…、なんつーか駄作ばかり作ってきたんですね。

前作のポケモンも、まるでポケモンで遊んだことが無いんじゃないか?と邪推してしまうほどの設定無視っぷりには呆れたくらいです。

さすがに今回はちゃんとポケモンの設定をよく調べたんでしょう。メガシンカポケモンぞろぞろ大登場の設定が上手くストーリーにかみ合ってました。


これまでの脚本を長らく務めていた園田秀樹氏の映画は、なんというか舞台がクローズドサークルになりがちだったので、世界が狭く感じてしまうことがたびたびありました。

でも今回は機巧の街や、ポケモンの森など、あちこちに舞台が跳んで、観ている我々も登場人物たちと一緒に旅をしている気分になれるんです。


うん、次回作もこんな感じだといいなあ。





あ、そうそう。今回もしょこたんが声優やってました。

やっぱ上手いねーしょこたん。最初まったく気づかなかったくらい、普通にキャラがなじんでました。


同じく山寺宏一さんも続投でした。

この人はいつも声がわかりやすい。










セレナ可愛かったセレナ~v

ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ



Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント