Top Page › プラモデル › アッグガイ製作作戦 3

アッグガイ製作作戦 3

2016-08-17 (Wed) 19:55



アッグガイの脚部と並行して、腕部も作っていました。

腕もなんというか、ケンプファーのフレームをそのまま再利用している感じですね。

蛇腹が無くなってしまった分、カッコよくなりすぎて違和感が…






▲ヒートロッドの代わりにナックル換装~♪


手は同サイズの百式のものを使いました。

手の甲にプラ板を貼って、わずかに厚みを持たせています。


アッグガイと言えば左右2本ずつのヒートロッド

………なんですが、あれって戦術的にどうなんだろう?

役に立つの?

普通に弾を撃ったり、ビームサーベルでブッた斬ったほうが効果的なんじゃないの?

などと、30年前から私はそんなことを考えておりました。

ファンの皆さま、ゴメンナサイ。


もともとアッグガイは湿地帯での戦闘を想定していて、水中での運用は考慮していなかったということらしいですね。

だったら普通の手を換装していてもいいじゃない、と脳内補完。


ガンプラは自由だ!

(3代目メイジン・カワグチの名言)




▲前腕部には内側からポリキャップを接着。


腕はたったこれだけの改造でしたので、わりと簡単でした。

ここまでの作業で7月が終わり、8月に突入。

オレたちの戦いはこれからだ!





▲完成した脚部と一緒に並べてみました。


おお、なんとなく形がイメージできてきた気がするぞー。

それにしても気密性が皆無な手足だよね(汗)。

水中に入ったら、めっさ水漏れしそう。うははははは。

 

でもなー、アッグガイって見た目がエンゲル係数ハンパない体形しているのに、果たしてこの細い手足でバランスが取れるのでしょうか?

いやいや、今は信じて邁進するしか!




つづくー。



Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント