Top Page › プラモデル › アッグガイ製作作戦 8

アッグガイ製作作戦 8

2016-10-15 (Sat) 23:10

 

 

私のアッグガイ改が初お披露目となるガンプラ大会のニコ生放送は、おかげさまで大盛り上がりでした。コメントくださった皆様アリガ㌧!

 

それでは刮目していただこう、アッグガイ改!

 

 

 

1/100 アッグガイ(旧キット)

 

見よ、この堂々たる雄姿!

俺がッ、アッグガイだッ!!

 

 

 

ぷぷぷぷ………

いや、笑ってゴメンw

でも、これはこれでカッコイイよ。うん。

けっこう本気で作っただけあって、スタイルもいいし。

 

これを見た妻もバカウケw

見てくださった皆様からの反応も良くて、むしろそんな皆様を見ている私のほうが楽しんでました。

ヘ(゜∀゜ヘ) アヒャヒャヒャヒャ

 

 

 

モノアイと鼻が可動。表情がつけやすくてイイカンジ。

関節もぐりぐり動きます。

このドッシリ感が素晴らしい。ポージングばっちりだネ!

 

カラーリングは、

ボディにウッドブラウンココアブラウングランプリホワイト

 

グレー系の部分はダークグレーネービーブルー

 

赤い部分はシャインレッド80% + メタリックレッド20%で調合。

 

スミ入れ部分などは、つや消しブラックシルバー

 

そしてモノアイにはクリアイエローを使用しています。

 

 

 

ダイソーで買ってきたネイルシールをあしらったり。

ギラリと輝いて眩しいぜ!

腕の錨マークは 『ほうれん草を食べるとチート的に強くなる水夫』 をオマージュしています。

 

 

この写真を職場の同僚(女性)に見せたら、一言、

 

( ゜д゜ ) 「きもい」

 

…と一蹴サレマシタ。

とほほー。

 

 

 

アッグガイキィーーーーーーーーック!!

 

こいつッ、関節曲がるぞッ!!

さすがの可動域、ケンプファーのフレームを採用したのは大正解でした。腰回りが動かないのに、こんな無茶なポーズにも難なく応える素晴らしさっ。

 

ちなみに足の裏はモールドが何もなかったので、代わりに塗装でそれらしくしました。苦肉の策でございます。

 

こんな素晴らしいキットとのめぐり合いに感謝。

運命的な出逢いをもたらしてくれた玩具店様にも感謝です。

(*・ω・*)ノ

 

 

 

 

 

(*アдグ*) 「ショボーン」

 

 

 

(*プ∀チ) 「よう、どうした。元気ないな」

 

(アдグ*) 「あ、先輩。

        うん、ボクね、武器持ってないの。」

 

(*プ∀チ) 「武器なんて無くてもお前はお前だよ」

 

(アдグ*) 「そうだけど、かっこいい武器は憧れるよ~」

 

 

(・ω・*) 「お待ちなさい、

      それならばワタクシが武器を授けましょう」

 

(*アдグ) 「ああっ、あなたはッ!?」Σ

 

 

 

アッグガイの前に突如現れた人物は何者なのか!?

そして待望の新装備とは?

謎が謎を呼ぶ、次回、アッグガイ製作作戦・最終回

 

キミは生き延びることができるか…?

 

 

Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント