Top Page › プラモデル › ジャングルから来たガンダムフラウロス 2

ジャングルから来たガンダムフラウロス 2

2017-02-20 (Mon) 21:00


つづきー。


密林のフラウロス_10
バルバトスルプスと並べてみると、フラウロスのほうがやや小さいことがわかりますね。
踵部が大きい分、バルバル君のほうが身長高い。
搭乗者の身長差比べなら、フラウロスの勝ちなのに!w


密林のフラウロス_11
えーと今回のキットは、改造と塗装を並行して進めていく作業となります。
まずはフレームから塗装。
ガンダムフレームを組み立てるのはこれで4体目ですなー。

カッパーとシルバーで、それっぽく塗装すると…
ほーら、なんとなく雰囲気出るっしょ。

エイハブリアクターは、ゴールドの上からクリアオレンジで塗装。
そして最後に全体を、シルバーでドライブラシをかけました。
ドライブラシが初心者丸出しなのはご愛敬ってことでw



密林のフラウロス_07
曇りガラスの向こうは風の街だぜ~ウェーーーイ!

頭部をくっつけたら、こんな感じのスケルトンボディになりますた。
この状態から、徐々に塗装済みのパーツを換装していきます。

うん、やっぱこういうポーズのほうがテンション上がるね!
元気出して行こうぜウェーーーイ。


密林のフラウロス_08
ちなみにこの頭部ですが、クラッシャーに注目。
ちょっと整形して、ただの縦線から牙っぽくしております。
(写真がわかりづらくてゴメンナサイ)

襟の部分の塗装は、私にとっては初使用のホワイトグリーンです。
これから塗っていくメインカラーとの相性が最適だとの判断から、
この色にいたしました。

そのメインカラーは、メタリックグリーン!



密林のフラウロス_09
さあ、塗っては換装、塗っては換装ッ。
各部のパーツを、塗ったものから次々とフレームにくっつけていきます。
このコール&レスポンスで、どんどん進めていくぜ~。

今回はこのメタリックグリーンが下塗りの代わりです。
メタル系の塗料はサフがなくてもけっこう発色がいいので、
そのままガシガシと塗っていきます。

黄色い部分はゴールド&クリアオレンジ。
黒い部分はメタルブラック。

そして改造を施さないパーツだけ、
この調子で一気に塗装を済ませてしまいました。
(/・ω・)/ ウェイウェーイ





そういや一年ほど前に作ったグレイズも、メタリックグリーンで塗装したんだよなあ。
あの頃はガンプラを始めたばかりで、技術的にも未熟だったなあ。
今回のフラウロスは、一年前の自分に恥じないような作品にするぞー。

そして10年後の自分にも自慢できる一品にしちゃる!


つづくー。


Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント