Top Page › プラモデル › 不遇の名機をこの手に

不遇の名機をこの手に

2017-05-30 (Tue) 23:00
前回の日記で10式戦車を作り終えた翌日から、
次のキット製作に取り掛かっておりました。



7fde3643727ae972b38b512a6aa8425f2a8d18e5.jpg
▲こいつw

しかし、3週間を経過してもまだまだ終わりが見えない………。
と言うのも、自宅に山ほどあるジャンクパーツを駆使して、
魔改造を施していたからです。

製作に2ヶ月くらいの期間を想定していたけども、
3週間かけて組み上がったのは胸のパーツだけというw

こりゃダメだ。
この先を進めるためにもエネルギーを充填しなければ!



そうだ、あやつを買ってくるのだ!




89ba6552fd52427be9b55ecaa799279d2002e880.jpg
じゃーーーーーーーーーーーーーん!!

買っちまったーーーー!!
私はコイツの発売を20年も待ち続けたのだ!!
満を持してようやく発売ッ。

やっと………やっと発売かよっっっ!
どんだけ待たせたと思っているんだ………
もうとっくに諦めていたよ………

くぅ~~~、バンダイ様わかってるゥ~っっっ。

とにかくコイツを作って鋭気を養って、
その上でアストレイの続きを作ろう。



今の若い人は知らないでしょうけど、
このバーザムという機体はZガンダム放送当時、
敵側の量産型でマイナー中のマイナーだったのです。

ご覧の通りのズングリムックリなデザインで、
当時の子供たちにはまったく人気が無く………。
それを見越してなのか、キット化に恵まれなかった不遇の機体でした。

そしてそれから時は流れ、このデザインが見直されて、
「あれ? こいつけっこうカッコいいんじゃない?」
という声があちこちから上がり始め…
バーザム商品化を望む声が駆け巡りました。

その後はバーザムも完成品玩具などが商品化されるようになりました。
やっと脚光を浴び始めた名機。我々の声はバンダイに届いたのです!

しかしそれでも私はあえてこう言いたかった。
プラモデルで出せよ、と!



ああ、やっと発売されたよバーザム
Z放送終了から30数年…。
バンダイさん、ありがとう!
そして、ありがとう!




うひひひ、バーザムをどう組んでやろっかなー♪
赤く塗装するというのもいいかなー。

あ、いやいやいや、せっかくのバーザムだし、
ここは素組みのままというのもいいかもしれにゃい。
せめて部分塗装…か?

アストレイの続きも控えていることだし、
あえて素組みの縛りで作ろうかなあ。


妻 「旦那氏にとっては素組みが縛りなんだね?w」




[Tag] * ガンプラ * プラモデル * バーザム
Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント