Top Page › プラモデル › 群青の光と影

群青の光と影

2017-06-11 (Sun) 17:00

b424d6984754304e86daf0a4d7aca33d731b6f25.jpg
HG1/144 バーザム


素組みバーザム完成しました!
だがしかし…モチベーションのファイアスターターは完璧だったのに、
組み上げた出来としてはイマイチ。ごめんよバーザム
(何が失敗だったのか、素人目には誤魔化せるだろうか…?)

まぁなんにしても一部のファンからはカルト的な人気を誇る名機ですからね。
ワクワクしながら組み上げました。
ついでに百均のネイルシールでデコってやったぜー。

もともとのデザインは岡本英郎さん。アニメ放送当時は………うん(察して)。



3d48f6ab06c359558f34ed3e0d04957e3a6dd938.jpg
キット化に際してのプロポーションの見直しは、個人的には完璧だと思うのです。
あのドラえもんのような機体をここまでスタイリッシュにリファインするとは!

そうそう、ちょっとガンプラ初心者の方と知り合う機会がありましたので、
ゲート処理などを見てもらうためにも今回は素組みにしているんです。
実はうしろのスカート部分に大きなゲートがあったんですが、
ご覧のように綺麗に処理しましたよ。

ゲート跡ってニッパーで切っただけでは白くなってしまいますよね。
パーツを切り離すときに少しだけゲートを残し、
その残りをデザインナイフで綺麗に切り取ります。
最後に紙ヤスリで仕上げれば、ほとんど目立たなくなりますよ。



12b856b5ad43c5e75c6c38eeb612da9a52a35ddc.jpg
▲つや消しトップコート有り(左)と、無し(右)

トップコート無しだと、やはりどうしてもオモチャ感が出てしまいます。
完成キットの上から缶スプレーでシューっとやるだけなので、
余裕のある初心者の方には是非試してみてほしいですね。



f1152b1d513793deb26c55475bab3cc3e51151ad.jpg
▲大きさ比較

バーザムガンダムMk-2の設計を流用した量産機だという設定があります。
しかし同サイズのガンダムMk-2と並べてみると、ちょっとだけ背が高い。
うーん、踵部の高さの差かな?

でもハイヒールを差し引いたって、このプロポーションの差は笑えますw
設定上は、ほぼ共通のフレームなんだけどなー。



9542ffb672e1c4f420dbad945125eba81f3e9278.jpg
あー、やっぱカッコええはー。
あのズングリムックリが、こんなに素晴らしく生まれ変わるとは…。
例えるなら、綺麗なジャイアンですかねー。



06912bc15e9238f93b539f22d07e2d02eb2c924c.jpg
▲独特の形をしたビームライフルと、バルカンポッド、ビームサーベルを装備。

目立つ合わせ目は、後頭部と前腕部くらいです。
これくらいならヤスリ掛けで消せますね。
シールで補完できない塗り分けも少々ありましたので、
部分塗装を施しています。



4e1a17b4433710b75daa4753da5171821549504f.jpg
ガンダニウム合金製という設定なので、いっそこのまま
ガンダムファイトさせてもいいかもしれませんw
案外、セブンセンシズに目覚めて優勝するかもしれないじゃーん。







そんなこんなでバーザムの紹介でした。
不遇ゆえ、いろいろとネタにされてきた機体ではありましたが、
今の技術でキット化されたことには本当に感謝しかありません。

きっとバンダイの技術スタッフの皆様も、
もっといろんな機体をキット化したいと考えているはず。
今後のラインナップも楽しみでございます。





……………

…………………………え?



いやいやいや、私はこのキットを
バージムになんて改造しませんよ?



[Tag] * ガンプラ * プラモデル * バーザム
Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント