Top Page › プラモデル › ミキシングビルド龍神丸 3

ミキシングビルド龍神丸 3

2017-10-16 (Mon) 17:30
つづきー。




さぁ、頭部の大きさが決まったところで、
そのすぐ下に接続する胸部を作っていきますよー!

今回ご用意いたしました材料はコチラ。

8371a33f922a6c632ad3bf5563f7ca08bf9f0b6a.jpg
まずはメタスの胸部。

f16f478b7894b5e84d78ad53188209af24bcf403.jpg
そしてギラドーガの胸部です。

ガンダムアストレイの胸部を芯にして、
この二つのキットをミキシングしていきます。
準備はオッケイ?
(ノ・ω・)ノ ウェイウェーイ




6a259cddf5cad2a921526cbcbe1dc8155f31d228.jpg
アストレイの胸部を切り開き、メタスの胸部を埋め込みます。
大きさを揃えるために、時間をかけてしゃこしゃことヤスリを奮いました。

龍神丸の胸ってかなり前方に突出しているので、
生半可なやり方じゃそれっぽくならないでしょう。うむ。
何事も思い切りが大事。



def472bb691be6591f06744eef911c63ad64ce7a.jpg
頭部と大きさを比較するとこんな感じ。

うーん、まだ胸部のほうが小さく感じますけども、
首の接続部から顎にかけての長さを考えると、これがベストだと判断しました。
あとはギラドーガのパーツ次第ってところですね。



6e9bcae3d4cb55eab7abdc56c0490ced4b547591.jpg
ギラドーガの胸部は、もぅね、これでもか!というくらいに
バランバランにしております。
背部がアストレイのパーツを覆えるくらいにまで削り込んで大きさ調整。

しかし…もともと別々のキットなので大きさがピッタリ合うはずもなく。
ピンバイスとカッターで切り離してから幅詰めして接着するという、
まるで聖闘士星矢の聖衣を装着するかのような作業を行いました。

大きさが合わないからって、その程度のことで私は夢を諦めたりはしない。
そうさ、夢だけは誰にも奪えない心の翼だから。



ab2f735a31add295acf6e4067f8962073af23245.jpg
ここまでの工程で組みあがった胸部がコチラ。
白いパーツはプラ板です。形を切り出して貼り付けました。
表面処理はこの段階では行いません。そんなの最後でいいよーん。

写真で見るとあっという間の作業に感じますけど、
この工程だけで実際は1週間かかってます。
左右対称に形を整えたり、接着剤の乾燥を待ったりと、
かな~り…チマチマチマチマした作業を繰り返しておりました。

こんなんだから、勧められてもガンプラ放送なんてやりたくないんだよw

なんにしてもまだ戦いは始まったばかり。慌てずに行きましょう。
まだまだ胸部には大きな穴が開いていますので、これを埋めねばなりません。
あとは襟ですね。やることは山積みですよ。





そういや30年前に発売されたタカラ(現在のタカラトミー)
龍神丸のプラモデル…。あれって今見ると、すンごい出来ですねw
今の自分だったら全身にポリキャップを仕込んでガチ改造しちゃいそう。
現在ではプレミア価格が高騰しているので、私なんかじゃ
まず手に入らないでしょうけどネー。


つづくー。




Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント