Top Page › プラモデル › ミキシングビルド龍神丸 7

ミキシングビルド龍神丸 7

2017-11-14 (Tue) 11:30
つづきー。



ナレーション
「地球上に生命が誕生してから40億年。
 その後、初めて陸に上がった脊椎動物は、激変した環境に適応するために
 それまで水中を泳ぐために使っていた2対のヒレを、
 陸上を移動するために使い始めた。

 ---これが四肢への進化である」




つまり今回からいよいよ四肢の製作に取り掛かります。
(ノ・ω・)ノ ウェイウェーイ

c10ad2a8adabded955dfb72ccda785e543e08329.jpg
用意したパーツはコチラ。
写真左はギラドーガの腕部、写真右はザクF2の腕部です。

では最初にこれらをミキシングした姿を見ていただきましょう。



078bfd660c5c9b637d4049129e5f5076d8b8d3a8.jpg
ひとまずザクF2の腕部を胸部の両サイドにそのまま接続し、
股関節にはギラドーガの肩部を接続して大腿部としました。
うーん、これだけだと「なんのこっちゃ?」ってところですネー。
なんつーか、テケテケだなこりゃ。



fd13c4a02fee7937014bbd7ebeba9fff6f4a7090.jpg
そもそも胸部の両サイドにはザクF2のポリキャップを仕込んでますので、
腕部もそれに倣うのは必然だったのですけども。
でも前腕部まで同じキットを流用するには、形状的に無理があります。

そこで、MGジムの腕部を用意しました。
コイツの前腕部をミキシングしていきます。



9d5825eef5843fe6015c71d8cf1b4fa7b0979f06.jpg
そしてもう一つ! 肩アーマーも同様にMGジムから持ってきました。
コレなんとなくそれっぽい形なんじゃないのかなー?

手のパーツにはギャプランのものを使いましょう。
ついでに前腕部の一部を使って、
龍神丸の肩の上部に付いているパーツを作ることにします。
利用できるものは何でも利用する!



a133daaad9d286de3603fe7c06d1d3094c5f636a.jpg
シャコシャコとザクの腕を削って、ジムの前腕部を合体!
写真を見てもらえればわかるように、腕の長さを調節して、
さらに肘部の内側を削って可動域を広げています。
(※下が改造前、上が改造後)



eadf785cc249d2c88a3e5dcb85238e784d354f00.jpg
肩アーマーにはプラ板を貼って、ジムのディティールを除去。
肩部の上部に付くパーツは、ギャプランの前腕部を切って削って、
さらにプラ板で拡幅しました。このパーツに龍の爪が接続されることになります。



4966174b43156ab517693e8c9009602a3fc9d5cd.jpg
なんとなく形になった龍神丸の腕部。

まだまだディティールアップしなきゃならんのですが、
ひとまずここまで出来たので、次は脚部を作っていきますね。
そして全体のバランスを見ながら、細かいところを詰めていきます。





今回の作業もぶっちゃけエライ時間を費やしていますが、
それでも少しずつ形が組み上がっていくのは楽しいですおっおっ。
そういやホビージャパンのフルスクラッチで、
まずはキットが自立できればオッケイみたいなことが載ってた記憶があります。

そう、どんな手段を使おうが最終的に、立てばよかろうなのだ!

でもまだこの時点ではテケテケだけどなー。
ヘ(゜∀゜ヘ) アヒャヒャヒャヒャ



つづくー。




Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント