Top Page › プラモデル › ミキシングビルド龍神丸 10

ミキシングビルド龍神丸 10

2017-12-04 (Mon) 23:30
龍神丸を作り始めて丸5ヶ月が経とうという頃になって
ようやく胴体が組み上がりました。

このペースでは、完成まで確実に6か月以上はかかる…。
さすがにここまで難産なキットは初めてです。
本当に年内に終わるのかなー?と、不安でいっぱいのワタクシ。

そしていよいよ頭部の製作にとりかかります。





つづきー。
( ・ω・)ノ



a8e904c13e3e3989b9a211950be19664db20d90a.jpg
ゲルググの楯のフチを切り取り、
これを材料に龍神丸の頭のひさしを作っていきます。

大きさもバッチリでしょう。まるで最初から私に、
龍神丸を作らせるために用意されたかのようなサイズ感です。
なんてこったい!w



581237bcd85669e621928be6749dbf8982301237.jpg
さて、サ行変格活用とかラ行変格活用なんて難しいことは考えずに、
まずはどんどん頭部に貼り付けていきましょう。
うん、だいたい合ってる。

後頭部のRに合わせて、パーツを指で少しずつ曲げながら接着しました。
力を入れすぎると簡単に折れちゃうんで、要注意な部分ですた。
ここからペーパーで削り込んで、形を整えていきます。




ece5f8eb34228b992405e4a201c9cdd749da7145.jpg
頭頂部は全体をポリパテで盛りました。
よーし、イイカンジ。私の前頭葉も冴えてきたぜぃ!

裏側はけっこうスカスカだったので、プラ板で蓋をします。
おおよその形を切り出してから、接着。
これで綺麗になりましたね。



257e707e946dd8e0bb25f1603515d7f0a625a0a6.jpg
頬のあたりにかかる部分は、プラ板を切って作りました。
小さいパーツなうえに、左右対称にする必要があったので目が痛かったー。

アーチ型の橋のように頭部にかかるパーツは、
形を切り出したプラ板を3分割し、ゆっくり曲げながら個々に接着。
表面処理も並行して進めます。



760dab6b637195622a74adc60d7cb2b5587d19ad.jpg
さあ、ここまで出来れば残るはツノだ!
まず両サイドのツノから。材料はSDアストレイの額のV字ツノ。
こいつを真ん中から一刀両断します。エルディカイザー!



51fa0a30ef8196611532297ddc5e61eab6e21772.jpg
真ん中のツノは、インパルスガンダムの翼の芯を削り込んで作りました。
うん、ここまで削り込んでおいて言うのもアレですが、
最初からプラ板を削ったほうが早かったかもしれない。

3本のツノの根元はすべて、エクシアのパーツを流用しています。
エクシアのどこのパーツなのか、そもそも本当にエクシアなのか、
それはもうわからんですが…(ォィ



a0991be5eaa55f8bcb7838949fb78bdc2b46de79.jpg
すべてのツノを取り付けて、頭部完成!
おお、龍神丸が顕現なされた!!
モビルスーツっぽいデザインになったのが、私のセンス。

日記ではかなり割愛して製作過程を紹介してますけど、
この頭部だけで1か月かかってるからねー。
すンごい紆余曲折あったのですよ。
ツノなんか接着後の形が気に入らなくて、切り離してもう一回削り込んだしネ。

だが、これで本体は完成だー!
( ・д・)ノ





次は武器、登龍剣を作ります!
俺たちの戦いはここからだ!

まだまだつづくー!





Last Modified : 2021-04-02

Comments







非公開コメント