Top Page › ブログ › 空気清浄機のナゾ

空気清浄機のナゾ

2013-03-19 (Tue) 21:05


花粉症の季節になりまして、
空気清浄機の購入を検討している家庭も多いことと思います。
実際、空気清浄機は需要があるそうで、

この季節は特に売れているんだとか。
加えて、今はPM2.5の問題もありますし、

空気清浄には誰でも関心を持つことと思います。

現在もっとも売れているのは加湿式空気清浄機で、
10年ほど前に騒がれたイオン式のものはあまり売れていないとか。

マイナスイオンは科学的にはデタラメだらけのニセ科学だということが
世間に露呈して久しいですけども。
でもちょっと待って。 今でも電器店に行くと、

プラズマクラスターとか、ナノイーなんてのを見かけますよ?

それって科学的にはどうなの?
マイナスイオンとどう違うの?



わからないことは調べてみる。それが私のスタンス。
ということで、あちこち検索かけてみましたよ。





■プラズマクラスター・ナノイーは何の効果もないことが判明!!
http://www.news-us.jp/article/309903545.html

まったく身も蓋もないニュースですがw
この記事によると、要するに殺菌効果はオゾンによるものであって、
イオンは役立たずだったということだそうです。




そしてシャープ側の言い分はこんなです。

■結局プラズマクラスターは効果があるの? シャープに聞いてみた
http://getnews.jp/archives/275821

殺菌効果はあるけども、重要なのは濃度であって、

製品自体には問題ないとのこと。
もちろんここでは、オゾンの発生や、

オゾンの量についてはまったく触れていません。




じゃあ実際のところはどうなの?
ってことで、最終的に私がたどり着いたのがココw

■市民のための環境学ガイド 空気清浄機の付加機能のナゾ
http://www.yasuienv.net/Ion4AirP.htm

プラズマクラスターとナノイーだけでなく、
ワーナー・マイカル・シネマズ(映画館)でも使用されている
ウイルスウォッシャーのことまで詳しく検証しています。
内容もわかりやすく、興味深く読めます。
シャープの言い分を一刀両断していますよw




そして結論としては、こうなります。

・プラズマクラスター(シャープ)
 もっとも古典的なマイナスイオンの変形。
 何か効果があるとしたら、50万倍ぐらい副生しているオゾンの作用。

・ナノイー(パナソニック)
 水滴がオゾン水もしくは次亜塩素酸水になっていれば可能性があるが、
 それ以外だと効果がありそうなメカニズムが分からない。

・ストリーマ(ダイキン)
 確実にオゾンの効果だと言える。

・ウイルスウォッシャー(三洋)
 大昔から知られている水道水を電気分解したときにできる
 次亜塩素酸水の殺菌力を使っている。

(※市民のための環境学ガイドより抜粋)



つまり殺菌効果はあるけども、それはイオンの効果ではないということですね。

ウイルスウォッシャーの検証を読む限りでは、

ただの加湿器でも十分なんじゃないかと思います。

わざわざ高価な空気清浄機を買う必要なんかないんじゃないのかなー。

人間なんて結局、テレビや雑誌で宣伝していると、
それがどういうものなのか自分で調べもせずにホイホイ信じてしまうんです。
空気清浄機も一見科学的に紹介して、

あとは流行の波に乗せて売りまくるというメーカー側の罠なわけですよ。

これから空気清浄機の購入を検討している皆様、くれぐれも
ニセ科学に騙されないよう
お気を付けください。


(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ



Last Modified : 2021-03-26

Comments







非公開コメント